ブログ
お空へ

2月6日

102歳のおばあちゃんがお空に旅立ちました。

前日は、さすがに食欲があまりなかったそうですが それでも親戚の人に「少しは食べよう」と言われて 何口か食べさせてもらったそうです。

最後までおウチで一人暮らし。

おトイレも、しっかり行けてました。

たまに失敗もあるので、おむつはしてましたが…

こんなおばあちゃんだったので、お葬式ですがお祝いのようでした。

羨ましい最後です。

わたしは、去年 久しぶりにおばあちゃんに会いに行ってよかったなぁ〜と思ってました。

そのときは、わたしのことが分かってなかったですが…

午前中は、まだ頭がしっかりしてたようで孫だと分かってるかな?って感じでお話ししてくれてました。残念ながら、串本弁なのでなんとなくしか理解できませんでしたが おばあちゃんの子供のころの話をしてくれてました。

お葬式では、よく田舎で遊んでた従弟も来てたので「おばあちゃんの思い出ある?」って話をしたのですが 全くなかったです。笑

そうなんです!

わたし、弟、そして仲良しな従弟。

夏休み、冬休みなど、休みになると田舎に行ってたのに おばあちゃんの思い出がないという自由気ままなばあちゃんでした。笑

「おばあちゃんに名前を呼ばれたこともなかったよね〜」なんて話して笑ったお葬式でした。